自作ルアー

自作スモラバ用のガードつきジグヘッド3種のインプレ

おはこんばんちわ、namimoriです。

相変わらず最近は自作のジグヘッドをちょっとした暇な時間でコツコツ作っています。

その過程で3種類ほど自作のスモラバ用にガード付きジグヘッドを使用していたので、それぞれのジグヘッドに対する簡単なインプレを書いてみたいと思います。

後々また別のガードつきジグヘッドを試すかと思うので、現時点での簡単な感想になります。

スポンサーリンク

ケイテック モノガードラウンドジグヘッド

以前の記事にも書きましたが、初めてスモラバを自作しようとしたときに、品質的に信頼できるケイテックのジグヘッドを使用しました。

主にULクラスのスピニングロッドでスモラバをするのでジグヘッド自体は極力軽くして、スローフォールできるようにしたかったため、メインで使用する重さはフックサイズ#1の1/32oz(0.9g)と1/20oz(1.3g)です。

ジグヘッドのウェイトはタングステン製でコンパクトにできており、フックはデコイ製で刺さりもしっかりしています。

また、ジグヘッドのブラシガードは一本だけですが、しっかりとハリがあるので軽い障害物ならしっかりとフックの根掛かりを防ぎつつ、バスのバイトは確実に取ってくれます。

今のところ気になる点としては、ジグヘッドにラバーを巻き付ける際に針金を使用して過度に強く絞めつけるとラバーが千切れるより前に、下のベースのウェイトが割れてしまう事でしょうか。

このジグヘッドにラバーを固定する際はスレッド(糸)をメインに使用したほうが良いようです。

価格面ではタングステンらしくそれなりにしますが、1パック4本入りなので一本あたりはタングステン製のジグヘッドにしてはそれほど高くはないです。

スピニング用の軽量なスモラバを作成する際は、性能面やコスト面から見ても、引き続きこちらのモノガードラウンドジグヘッドで間違いないと思います。

レイン カバージグヘッド

スピニング用のジグヘッドに味を占めて、次はベイトタックルでも扱えるスモラバも作ろうと、購入したのがこちらのレインのカバージグヘッドです。

主にMLクラスのロッドで扱えるスモラバが欲しかったので、メインで使用するのは1/8oz(3.5g)の重さのモノです。

ラバーと合わせると大体4g前後の重さで、トレーラー込みで6g前後になります。

6g前後だとMLのベイトタックルで扱いやすくなり、フォールもゆっくりできるくらいウェイトで丁度いいバランスになります。

ジグの素材は樹脂タングステンで重さに対してコンパクトになっており、フックはデコイ製で刺さり具合もバッチリです。

ジグヘッドガードは0.6mmの太さの物が3本もついていて、硬さのバランスも丁度良く障害物回避性能とフッキング性能のどちらもしっかり確保されています。

このカバージグヘッドもラバーを巻くまえに、下地のスレッドを巻いて滑り止めを作る必要があります。

価格面でもタングステンらしく、1/8ozで3個入りとそれなりにはしますが、性能面でも使いやすいので丁度いい感じがします。

惜しむらくは取り扱いがちょっと少ない印象がある点くらいです。

欠品になってることも多少あるかもしれません。

ハヤブサ ベイビーシューティングボール

レインのカバージグヘッドが釣具屋で欠品だった時に、試しに購入してみたのがハヤブサのベビーシューティングボールです。

フックサイズ#2で重さは1/8oz(3.5g)のものを購入しました。

ジグヘッドの形状はフットボール形状で、あええ障害物に引っ掛けて誘うような使い方がしやすくなっています。

ウェイト内部にラインアイが設定されていて、ラインアイがゴミを拾ってくる頻度を減らしてくれます。

付属のブラシガードが少し柔らかすぎるせいか、フックがゴミを引っ掛けたり、軽い根掛かりをたまに起こします。

フックに関してはハヤブサ製だけあって鋭い刺さり具合で安心です。

また、ジグヘッドのフックとブラシガードが一個ずつプラ板で固定されて包装されていて、型崩れしないようにされているが嬉しいです。

ジグヘッドのヘッド根元に丁度いい窪みがあり、そこにスレッドでラバースカートを固定すると良い感じに開いてくれます。

価格面では3つのうち最も手頃なのも、個人的にポイントが高いです。

性能面や価格面、入手のしやすさなどは非常に良いのですが、一点ブラシガードの柔らかさがどうしても気になってしまいます。

ここだけは好み如何といった感じです。

ガード付きジグヘッドもそれぞれ個性がある

とりあえず今のところ使用しているガードつきジグヘッド3種を簡単にインプレしました。

アイテムとしてはフックにウェイトとブラシガードが付いたシンプルなものですが、各メーカーごとに違いは大きいですね。

スモラバ用として発売されているガード付きジグヘッドはまだまだありますので、また機会を見て他の製品もインプレしてみたいと思います。

なんでもバランスが大事度

サンキューベリーマッチ✌

コメント

タイトルとURLをコピーしました