初めてのバス釣り

【バス釣り入門】予算3万で初めての釣り道具を揃える おすすめのリールとロッドの組み合わせを紹介

前回の続きになります。

今回は、どのロッドとリールを買っておけばいいのか、ベイトタックルとスピニングタックルそれぞれ具体的に紹介します。

スポンサーリンク

タックル購入に対する予算3万の内訳は?

予算を3万円の内訳はだいたい決めておきます。

  • リール・・・1万円
  • ロッド・・・1万円
  • 針やルアーおもりなど・・・5千円
  • ルアー等を入れるバッグ・・・5千円

まずベイトタックル編です。

ベイトタックル

1万円以内で買えるおすすめのベイトリール

  • シマノ 「バスワンXT」
  • ダイワ 「バスX」

どちらもメーカーがエントリークラスとして発売しているモデルです。実売価格では7,000~8000円で購入できると思います。

ただ、この2つのモデルは本当に侮れない性能を持っています。

私はBASS ONE XTを所持しており、おもにクランクベイト等の巻物を使用するときに使っていますが、巻き心地に関しては数年前の上位クラスのリールと遜色がありません。

メーカーの努力で上位機種の性能を時間をかけて製造、販売コスト等を抑え、エントリークラスなどに落とし込んでいるためかと思います。

値段に対しての性能、耐久性、扱いやすさ、どれをとっても文句なしです。

巻くラインを調整してやりさえすればいろんな釣り方も可能ですので、最初に購入するベイトリールは上記のどちらかを購入するべきだと思います。

ハンドルの向きは右利きの人なら右巻きを、左利きの方なら左巻きを選ぶと使いやすいです。

1万円以内で買えるおすすめのベイトロッド

  • シマノ「バスワンXT 166M-2」
  • ダイワ「バスX 662MB」

ロッドのチョイスに関しては特に個人の好みが反映されるので、可能な限り現物を実際に握って好みの長さや硬さを選んでいただきたいのが本音です。ここで紹介するのはあくまで1つの例だと思ってみてください。

バスワンXTとバスXはどちらも取り回しを重視して6フィート6インチ(約1.98m)のものをチョイスしました。

ロッドの硬さ表記はどちらもMクラスとなっており、ベイトリールで扱うルアーならよほど軽いか重いものでない限りまんべんなく扱えるのが特徴です。

近年のバスフィッシングでは、色々なルアーを扱えるロッドの事を「バーサタイルロッド」と呼び、このどちらもバーサタイルロッドと呼べるものとなっています。

どちらも2ピースロッドという、二つに分割できるモデルなので、持ち運びの際にはある程度コンパクトになってくれます。

もし6フィート6インチのロッドが短いなぁと思ったら、どちらも6フィート10インチのもう少し長いモデルもありますので、そちらも試しに触ってみるのも良いかと思います。

ベイトタックルまとめ

  • シマノ「バスワンXT + バスワンXT166M-2」
  • ダイワ「バスX + バスX662MB」

上記の組み合わせで2万円もあれば十分に購入できるかと思います。

スピニングタックル

1万円以内で買えるおすすめのスピニングリール

  • シマノ 「ナスキーC2000S」
  • ダイワ 「レガリス2000S」

上記の2機種がおススメできるリールです。

スピニングリールは同一機種でも番手によって大きさや特徴などがありますが、バスフィッシングではリールの巻きが軽い方が扱いやすい事が多いので、2000番の物をチョイスしました。

シマノの5,000~10,000円以下のスピニングリールの全体的な特徴は、頑丈なつくりです。

釣行後のメンテナンスを軽くしておくだけでも、長く使えることが一番の利点です。

同クラスの中でナスキーは海水にも対応していますので、いざとなれば海釣りにも使用できます。

コスパに優れ、巻き心地も安定感がありますので、安心して釣りに集中できます。

ダイワのレガリスは私も2台ほど所有していますが、注目すべきはなんといってもその軽さです。この価格帯でのこの軽さは衝撃の一言です。

リールを巻き取るときの安定性も問題なく、本体の軽さによって手元の感覚に意識が集中し、魚のアタリがより明確にわかります。

1万円以内で買えるおすすめのスピニングロッド

  • シマノ「バスワンXT 260L-2」
  • ダイワ「バスX 662LS」

スピニングロッドの硬さはLクラスが基準、とされることが多いです。

Lクラスであれば小さめのハードルアー(クランクベイト、シャッド、スピンベイトなど)や、ワームのライトリグ(ダウンショット、ノーシンカー、ネコリグなど)、大抵のものは扱えます。

そこから更に軽いルアーやワームを扱い場合はULクラスのロッドを、さらに重いルアーを扱いたい場合はMLクラスのロッドを購入しましょう。

スピニングタックルまとめ

  • シマノ「ナスキーC2000S+バスワンXT260L-2」
  • ダイワ「レガリス2000S+バスX662LS」

スピニングタックルの上記の組み合わせでも2万円もしないです。

特にロッドの長さや硬さは色々種類がありますので、自分の好みのものを選んでみると良いでしょう。

※おまけ プラスチックの箱入りのロッドを購入したときは~

ロッドを購入した場合、ロッドを梱包しているクリアプラスチックケースの外装の箱がついてきます。

絶対に捨てないでください。

あの箱は頑丈にできており、車移動やロッドの持ち運びをする際に、ロッドをかなりしっかり保護してくれる超便利グッズです。

流石に街中を移動するときには邪魔になるでしょうが、普段のロッドの保管に使用するのがおススメです。

残りの金額はどう使うか

残りの金額は1万円ちょっとあるかと思うので、ここから好きなように用品を買っていきます。ちょっと長くなったので用品に関しては別記事で書きたいと思います。

サンキューベリーマッチ✌

コメント

タイトルとURLをコピーしました